skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

「シンプル」と「ミニマリズム」の違い


s_DSC_0017

こんにちは、ゼロリノベの佐藤です。個人的に「吾唯知足」をテーマにBlogを書いています。

ここ数年、「シンプルライフ」や「ミニマリズム」という言葉が注目を集めていますよね。断捨離やお片づけ、シンプルな生き方や持たない暮らし等々…もっと噛みくだいて書かれた本など、書店に行くとたくさん見かけるようになったと思います。

わりと好きな分野なので、これらの本をいろいろ読んでみると、あることに気づきました。「ん?シンプルとミニマリズムって似ているようでなんか違う…」。で、興味があったので、いろいろ調べてみました。そして調べた結果、ざっくりとわかったことがあります。

「シンプル(ライフ)」と「ミニマリズム」…いっけん同じ意味のように捉えがちですが、やはり異なる生き方である、ということ。

どう違うかというと、できるだけ何も足さないことが「シンプル」、どうしても必要なもの以外をそぎ落としていった結果が「ミニマリズム」、だそうです。

さて、もし選ぶとしたら、皆さんの立場はどちらでしょうか?

実は個人的にずっと「すっきりとしたシンプルな人生を送りたい」と考えていましたが、この意味(違い)を知ってからは、「どうしても譲れないもの以外はそぎ落とした、ミニマルな人生を送りたい」と思っています。

ゼロリノベ的には、ミニマリズムです。やっぱり大切なものは大切ですからね。それらを厳選して大切に付き合っていく。そういうスタンスです。

【ミニマリスト(minimalist=最小限主義者)】
自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。(コトバンクより引用)

「大切なものだけを大切にして豊かに生きる」というミニマリストの考え方は、「足るを知る」という心に通じていますよね。

ただ「持つこと」が悪いことだと思い込み過ぎると、生活を楽しめなくなりがちです。豊かな生活や幸せというのは、バランスのよい自然な流れに沿って生きることで適うのではないかなーっと個人的には思います。ほどほどに、丁度良くが、心地いいですよね。

ゼロリノベ 佐藤


Back To Top