skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

賃貸しつづけると将来どうなるの?


本日は「チンタイくんのストーリー」です。

これから、ある1人の男性をモデルケースとして見ていきましょう。
わかりやすくするために、数字は単純化しています。

―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━
30歳 男性 サラリーマン 夫婦2人暮らし
現在 賃貸マンション
家賃 15万円/月 約66平米、世田谷区経堂徒歩10分
年収 600万円* (手取り年収約500万円)
*東京都の平均年収。
通常は30歳ならばもっと年収は低いと考えますが
計算の便宜上、定年退職の65歳まで平均化して
退職金まで含め年収600万円とします。
―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

今日のストーリーの主役はチンタイくん。
このまま賃貸に住むべきか、家を購入するべきかで迷っています。

そんな彼はこんな価値観、考え方の持ち主です。

▼終身雇用・年功序列は昭和の価値観。これからは変化の多い時代である。
▼環境の変化に対応しづらい、大きなローンや家の所有はそもそもリスクだ。
▼身軽がいちばん!

そして彼は、その名の通り・・「身軽な賃貸に住み続けよう」と決意しました!

それでは、チンタイくんが人生最後の日を迎えるまでのストーリーをお送りします。

チンタイくんの手取り年収は約500万円。月々では約41.6万円の手取りがあります。

[年収(500万円)÷ 12ヶ月 = 月収(41.6万円)]

住居費は月15万円。
生活費(食費、光熱費、通信費、保険、雑費)は月15万円。
合計、毎月の支出は月30万円です。
けっして贅沢な暮らしぶりではありません。

月収(41.6万円)から支出(30万円)を引くと、残りは11.6万円。

堅実な彼は、なんとそのお金を全額、貯金にまわします。

ということで、毎月の貯金は11.6万円となります。
[月収(41.6万円)- 支出(30万円)= 貯蓄額(11.6万円)]

これとは別にかかる大きな支出、お子様の教育費。
これは奥様の収入またはパートでまかなうと仮定し、この計算には含みません。
ちなみに、お子さま1人当たり、幼稚園〜大学まで全て公立で1,300万円。
全て私立の場合、2,500万円。
その他雑費で+500万円。
合計1,800〜3,000万円です。

お子さま2人ですと、3,600〜6,000万円ですね。

これが出産後、22年間で必要となります。(よって奥さまの月収は、14〜23万円必要となります)

さて、この生活を継続していった場合・・・

  • 1年後(31歳)の貯蓄額は140万円
  • 10年後(40歳)の貯蓄額は1,400万円
  • 35年後(65歳)の貯蓄額は4,900万円

そして、チンタイくんは65歳でめでたく定年退職を迎えました。
退職後も生活費は同じ、月15万円。
住居費は、会社に通わなくても良いので郊外の割安なマンションに引越し、従来より5万円安い、月10万円に。
よって毎月の支出は25万円です。
今後の経済情勢を考えて、年金は期待しません。

貯蓄を生活費と住居費に充てていくと、年間300万円(月25万円×12ヶ月)の支出となります。

[貯蓄額(4,900万円)÷ 支出(300万円)=16.333…]

他に収入はありませんので、貯蓄が尽きると生活もストップということになります。
つまりチンタイくんは、定年退職後約16年間生活できる、ということなのです。

すなわち、81歳まで生きられる!

しかし…平均寿命から考えて、もっと生きちゃう可能性ありますよね…
81歳からはどうすんねん!ちょっと不安です…
チンタイくんの老後は『81歳までは安泰』と喜べますか?

これだけ質素で堅実な暮らしぶりをしながら、この現実はけっこうシビアですね…


Back To Top