skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

アクセントカラー

色彩計画に関する用語。
基調色となるベーシックカラーを際立たせ、また補完する効果を与えるアクセントとして用いる色をいう。商品・室内外問わず、デザイン面で顕される。

一般的に基調色(ベースカラー・面積の大半を占める色)や配合色(アソートカラー・木調色に次いで面積の大半を占める色)と比較して小さな面積に高彩度の色・対比的な色をあしらって表現する。

リノベーションポイント

リノベーションをする際、壁をクロスではなく、塗装にすることもできます。また、色も、白だけではなく、どんな色にもすることができます。ただし、全ての壁を赤や黄色、あるいは、壁ごとに全て色を替えるとくどくなったりしてしまいがちです。その点で、玄関から見える壁など、一カ所だけ別の色にする場合に、アクセントカラーという言葉を使います。


Back To Top