skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

インターホン

インターホンあるいは内部電話(ないぶでんわ)は、建物などに設置される構内専用の電話である。法的には有線電気通信法および有線放送電話に関する法律の規制が適用されないものをさす。本項目では鉄道車両において乗務員間の連絡や乗客・乗務員の連絡用のインターホンについても解説する。狭い意味では、内線電話と区別する意味で交換設備や専用線の接続されていないものをいう。広い意味では、NTTなどの公衆交換電話網に接続せず住宅・事業所・船舶・航空機等の構内回線のみで通話が可能な通信設備一般を言う。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションを行いたいと考え、物件の内見をしているとき、テンションを下げがちなもののひとつとして、インターホンが上げられます。実際に見ると、やはり、20~40年程度の物件に取り付けられているインターホンは見た目がかなり古く、これを使い続けるのは嫌だなと感じてしまいます。

ただし、このインターホンは、多くの場合、取り替えが可能で、新品の高機能なものを取り付けることができます。取り付ける場所などもかなり自由になるため、給湯器のリモコンと合わせ、キッチン横などにも設置可能です。ただし、全ての物件で取り替えが可能かというと、そうではありません。オートロックのマンションや、セコムなどが入っているマンションはシステム上取り替えができません。取り替えるときは、マンション全体が一斉に変更になります。


Back To Top