skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

ウォール型キッチン

キッチンのレイアウト様式のひとつ。
壁(ウォール)に沿うようにワークトップを設けたレイアウトをいう。壁に接しているため、キャビネットをカウンターの上と下に設置して収納スペースを確保することができる。
壁面が住戸の外壁と接する場合は、窓をシンク前方に造ることも可能で 窓を設けた場合は排気にダクトを介する必要がなくなるため、換気面が良好となるほか採光や通風も向上する。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションの考え方の1つとして、空間効率というものがあります。例えば、アイランド型キッチンや、キッチンの側面が壁についているペニンシュラ型キッチンにした場合、キッチンのスペースは、キッチンに立つとき以外使わない空間になります。

逆に、ウォール型キッチンの場合は、後ろが通路になっていたり、ダイニングテーブルがあったりと、キッチンのためだけの空間の使い方ではなくなり、空間効率が良いことになります。ただし、これは1つの考え方でしかありません。料理が好きな場合は、L字型だったり、アイランドだったり、キッチン空間にボリュームを持たせた方が、満足度は高くなります。自分たち家族が、どんな過ごし方が多いのかを考えると、ぴったりなキッチンがみつかります。


Back To Top