skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

オープンハウス

特定の案内日を決めて、数日前から物件周辺にチラシ等を配布して、売り物件があることを知らせます。案内日に来訪したお客様は、自由に物件を見ることができ、業者はお客様の中から有力候補を探します。実際の居室を見学できるので、買い手にとっては実生活を容易にイメージすることができます。物件近隣でスピーディーに購入希望顧客を発見する有力な手法です。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションのオープンハウスは、多くの場合、企業がリノベーションを行い、それを顧客に販売する場合と、お客さんと設計士が実際に打合せし、引渡しまでの期間を間借りして行う場合の2つにわかれます。それ以外の場合は、ショールームだったり、社員の自宅だったりするケースが多いようです。

このオープンハウスで気をつけなければならないのは、販売目的で行われるケースです。自分達のライフスタイルを反映させているわけではないので、間取りやテイストなど、自分達に合わないものが含まれていることの方が多いため、実際に暮らし始めてから不満が出るケースが多いようです。立地や予算、住まい自体へのこだわりが薄い場合は、むしろ早く住まいを手に入れることができるため、有効な手段の1つです。自分達がどの程度、住まいにたいしてのこだわりがあるのかは、実際に見てみることである程度理解できるようになります。


Back To Top