skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

RC造

鉄筋コンクリートを用いた建築の構造もしくは工法。英語のReinforced-Concrete(補強されたコンクリート)の頭文字からRC構造またはRC造と略される。ジョゼフ・モニエが発明しパリの再開発に貢献した。20世紀に世界で実用化された。日本では関東大震災の経験から広く使用されるようになった。大別して、柱と梁で構成するラーメン構造と、壁面と床版など平面的な構造材で構成する壁式構造の二つがある。実務上は低層建物の場合、これらを組み合わせた壁式ラーメン構造である事も多い。以前は高層ビルといえば、鉄骨鉄筋コンクリート造であったが、技術の進化により高強度コンクリートを使用した、純粋な鉄筋コンクリート構造での高層ビルも多い。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションをすることを検討している方にとって、さけては通れない問題というのが、耐震の問題です。やはり、多くの方が中古マンションの耐震について、不安をかかえていいます。多くのマンションは鉄筋コンクリート造を使っており、コンクリートが一番硬くなるのは、50年が経過してからと言われています。

また、国土交通省の発表では、鉄筋コンクリート造は、117年もつと言われています。実は、しっかりとした管理を行えば、人間以上の寿命をもつとさえ言えます。ただし、この、管理状態というものが一番重要です。人間と同じく、50年が経つまでに、どのように管理されてきたか。が大事になります。大規模修繕計画がしっかりと行われてきたかや、修繕積立金などがしっかりと管理されているかなど、しっかりと確認する必要があります。


Back To Top