skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

バリアフリー

対象者である障害者を含む高齢者等の社会的弱者が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策、若しくは具体的に障害を取り除いた事物および状態を指す用語である。

リノベーションポイント

リノベーションをする際には、長期的な視点も必要です。自分たちが長く暮らしている住まいだからこそ、将来のもしもに備えた間取りにできたら安心です。マンションのリノベーションでもバリアフリーにすることは可能です。玄関を土間にして広く確保することは、買い物帰りやベビーカーを置いておくにも便利ですが、車椅子の方向転換にも便利です。

また、トイレやサニタリーなど、水回りとの段差をあらかじめなくす設計をしておけば、何かと便利になります。他にも、部屋と部屋の段差をなくすなどをすることで、掃除ロボットが活躍するなど、日常的に助かる効能も得られます。ただし、見回りには水を流す太い管が通っています。この管がある限り、ある程度床下に幅を持たせる必要があり、その高さに他の空間も合わせることになるので、どうしても10センチ程度は通常フローリングをひくよりも高くなってしましがちです。その点が木にならないのであれば、バリアフリーの考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか。


Back To Top