skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

100年コンクリート

大規模な修繕工事をしなくても約100年は持つと予想される高強度コンクリート。日本建築学会が作成した鉄筋コンクリート工事の標準仕様書 (JASS5)では、設計基準強度「30N/mm2」(30ニュートン毎平方ミリメートル=1cm2の面積で約300kgの重さに耐えられるという意味) と定めている。

リノベーションポイント

中古マンションの購入に対して、一番不安に感じるところは、耐震の問題ではないでしょうか。マンションの命とも言える鉄筋コンクリートは、50年が経過したころが一番堅くなると言われていますが、人間と同じで、それまでに、どんな管理をされてきたかが重要です。

また、しっかりと管理されたマンションのコンクリートは117年もつと国土交通省から発表されています。また、管理とはつまり、大規模修繕計画がしっかりと行われてきたかどうかです。築30年や40年の物件でも、それまでにしっかりと修繕が行われていれば信頼できるマンションといえます。逆に、修繕積立金が集まっていなかったり、修繕履歴がないマンションなどは不安が残ります。そういった意味では、新築マンションもいずれ中古マンションになることから、これからどのように管理されているかに全てがかかっていると言えます。


Back To Top