skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

カウンターキッチン

キッチンとLDとを仕切る壁に、幅1.5~2m、高さ1m程度の窓をあけたタイプや、もともと仕切る壁がないオープンスタイルの対面式キッチンなどのタイプがある。 キッチンで家事をしながら、LDの様子に目を配ったり、LDにいる家族にカウンター越しに料理などを受け渡すことができるのが特徴。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションを検討していると、やはり多くの方の目がいくのがキッチン環境。とくに女性は、キッチンにいることも多く、一生に一度の買い物ということもあって、妥協できないポイントの1つです。その中でも、カウンターキッチンはリビングやダイニングの様子を見ながら調理ができ、子育て世代の家族に人気です。

カウンターキッチンには、左右どちらからでもキッチンへまわれるアイランド型と、一方からキッチンへ入るペニンシュラ型があります。アイランド型キッチンは、取り回しの良さと、スッキリと見晴らしのいい空間にしてくれる一方、収納面で他のキッチンより劣ります。また、キッチンの左右に導線を作らなければならないため、キッチン環境を広く確保する必要もあり、専有面積が広い住宅向けとも言えます。一方、ペニンシュラ型は、収納面や空間効率的にもアイランド型に勝ります。その分、キッチンとして独立した空間という印象が強いのが特徴です。


Back To Top