skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

カーテン

遮光・防音・間仕切りなどを目的として吊り下げて使用する布製品。波状に折り畳みながら水平方向に開閉するものもある。部屋の遮光等に使用される場合、通常、カーテンは窓の内側にカーテンレールに吊り下げる形で取り付けて用いられる。通常、カーテンレールはカーテンブラケットを用いて壁などに固定されている。カーテンレールには複数のカーテンランナーが取り付けられており、吊り金具を用いてカーテンランナーの部分にカーテンを吊り下げる。二枚一組のものを窓の両側に吊るして両開きとする場合と、一枚を窓の片側に吊るして片開きとする場合がある。

リノベーションポイント

通常は窓からの光や、外からの視線を遮るために使用するカーテンですが、リノベーションをするときには、他にも使い道があります。それは、間仕切りにカーテンを使うという使い道です。例えば、ウォークインクローゼットなどのスペースをカーテンで仕切ることで、壁やドアに使う予定だった予算を別の使い道にまわすことができます。

実はドア1枚の金額は職人さんなどの費用も含めると10万円程度になります。以外に高いドアですが、トイレや浴室も含めた個室の1つ1つにつけると、50万円60万円くらいになってしまいます。トイレやサニタリーなどのスペースはさすがにドアをつけるとしても、寝室の入り口やウォークインクローゼットなどは、カーテンを使用して、残った予算を家具やより良い設備に使ってみてはいかがでしょうか。


Back To Top