skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

コンクリート打ちっぱなし

建築物の仕上げの一種である。 現場打ちコンクリートの上に塗装・タイル・石張りなどの仕上げ工程を省き、型枠を外した直後のむき出しのままの状態のコンクリートをもって仕上げとする手法。「 打放コンクリート」・「打ち放しコンクリート」とも表記される。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションで、コンクリートうちっぱなしの壁に憧れる方も多いのではないでしょうか。デザイナーズマンションなどのクールで知的なイメージは男性だけでなく女性にも人気のテイストの1つです。ただし、中古マンションのリノベーションの場合は、壁のコンクリートがキレイに残されているケースは多くありません。

というのも、コンクリートうちっぱなしの壁でイメージする、表面がつるつるしたキレイな状態ではないからです。なぜなら、ボードの壁をコンクリートの躯躰の上にかぶせることを想定して当時から作られているため、最低限の荒い作りになっているからです。凹凸や、クギがささったあとの穴や、解体時にカドがかけているなど、そのままではなかなか味わいと言うには荒々しい状態です。それでもコンクリートのテイストが好きとう場合は、表面をグレーに塗装するなどの処理を行えばかなり雰囲気として統一されます。


Back To Top