skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

共用部分

きょうようぶぶん【共用部分】 〘法〙 分譲マンションなどの区分所有建物における、各区分所有者の占有部分に属さない建物の部分(廊下・階段等)、占有部分に属さない建物の付属物(配管等)、規約により共有部分とされた付属の建物(物置・車庫等)。 原則として区分所有者全員の共有である。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションを検討していると、専有部内は全て交換して、新品にできると思いがちですが、実は、勝手に交換できないものがあります。それが、玄関ドア、サッシ、ロック解除付きインターホンです。これらは、多くの場合、共用部分扱いで、勝手に交換することができません。

ただし、玄関ドアに関しては、内側を塗装したり、シートを貼ってキレイにしたりすることが可能です。また、サッシは、二重窓を設置することで、古いサッシを普段あまり見ることのないようにできます。インターホンに関しては、オートロックのシステムが関係しているため、交換などはできませんが、ボックスで囲うことで、普段目につかないようにすることができます。なお、オートロックのないマンションの場合は、新しいインターホンに交換することが可能です。


Back To Top