skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

混合水栓

ひとつの吐水口から、湯と水を混合して出す水栓金具。 湯と水のそれぞれの量を調節し、水量や温度を調節する。 湯と水の双方にバルブがある「ツーバルブ型」をはじめ、1本のレバーで水温と水量を調節する「シングルレバー型」、温度をあらかじめダイヤルで設定すると、湯温が自動的に調節される「サーモミキシング型」などがある。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションで、空間のテイストの締めの要素として、水栓金物があります。一般の方が思っているよりも、水栓金物のデザインは豊富で、それこそ、数えきれないほどの種類が存在します。一般的な住まいであれば、混合水栓を使用する場所は、お風呂と洗面所とキッチンの3カ所です。キッチンの場合は、浄水器をオプションでつけたりすることも可能です。

また、シャワータイプになっていて、ノズルが伸びることで、シンクの隅々まで綺麗に洗うことができるタイプのものもあります。洗面所で使用するタイプの混合水栓は、キッチンのものに比べ、趣味性を発揮できるものと言えます。実際、サニタリー周りの空間だけを別のテイストにわざわざするケースもあります。全体をシンプルな黒と白の空間にして、サニタリーのみを金と白のヨーロピアン調にするなどです。


Back To Top