skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

カーテン

マンション管理業(まんしょんかんりぎょう)とは、 マンション管理組合から委託を受けて管理事務(マンションの管理に関する事務であって、基幹事務を含むもの)を行う行為で業として行うものをいう(マンションの管理の適正化の推進に関する法律第2条)。

リノベーションポイント

中古マンションの購入にあたって、とても大切なポイントの1つとして管理状態というものがあります。特に、中古マンションに大しては耐震面での不安を抱えている方が多いのではないでしょうか。しかし、多くのマンションでは、鉄筋コンクリート造という、国土交通省の発表する117年持つ構造体で作られています。

自分達の寿命よりも実は長く保たれるものです。これは、すべてのマンションがそうであると言えるものではありません。50年程度経過するとコンクリートが一番硬くなると言われていますが、それまでの間にどのように管理されてきたかが一番重要です。それを知るためにも、管理をしているのが管理組合なのか、管理会社なのかを見る必要があります。管理会社が入っている場合は、修繕積立金や大規模修繕の頻度など面でそれほど心配はありませんが、自主管理の場合、大規模修繕自体、行われていなかったり、修繕積立金が足りなかったりすることがあるので注意が必要です。


Back To Top