skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

給湯器

給湯器(きゅうとうき、英: hot water dispenser)とは水を湯に変えて供給する器具のことである。湯沸かし器(ゆわかしき、英: Boiler)、温水器(おんすいき、英: Water boiler)ともいう。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションで物件を探していて、意外な落とし穴の1つとして上げられるのが給湯器です。なぜかというと、その物件についている給湯器に、追い炊き機能がない場合、給湯器を新しくしても、追い炊き機能をつけることがほとんどの場合、できないからです。

給湯器には、水を通す管と、お湯にして送る管が付いていますが、追い炊き機能付きの給湯器には、もうひとつ、浴槽からぬるくなったお湯をひっぱる管が付いています。そして、この管は、全て、マンションの躯躰の穴を通って、外にある給湯器に繋がっています。つまり、追い炊き機能を付けようとすると、新たに躯躰に穴をあけない限り新しい管を取り付けることができません。もし、給湯器の管の近くに、予備の穴などがあいていれば、追い炊き機能をつけることは可能ですが、それは、解体作業が完了した後でしか確認することはできないので、注意しましょう。


Back To Top