skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

腰壁

腰壁とは、床から腰高程度に張る別仕上げの壁のことをいいます。 壁の仕上げが1メートル前後の腰の高さの上下で違う場合、一般的にその下半分に板材を張った壁のことです。 壁は床から腰の高さくらいの間に傷や汚れが付きやすいため、壁を守る仕上げとして、また、単調な壁面にアクセントを加えるために張られます。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションで腰壁を使用する場所の多くは、対面キッチンの正面などです。キッチンの高さよりも、20センチ程度高い壁を作り、幅も15センチ程度確保します。これにより、食器や、下ごしらえのものを置くことができるとともに、シンクの水はねを防ぐ効果があります。

また、北側に作られることの多い、寝室の壁を腰壁にすることで、風を空間全体に通す空調機能、暗くなりがちな北側に光をとおす採光機能として、腰壁を利用するケースもあります。腰壁は、高さがおよそ1メートル程度のものなので、当然壁の向こうまで見渡すことができます。そのため、同じ専有面積でも、広々と感じることができます。完全に壁で覆って1つの空間として独立させてしまうと、密閉され、空気の流れがとまってしまいます。本当にそこまで囲う必要があるのか、一部採用することができないか、検討してみてください。


Back To Top