skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

蛍光灯

蛍光灯(けいこうとう)または蛍光ランプ(fluorescent lamp)、蛍光管(けいこうかん)は、放電で発生する紫外線を蛍光体に当てて可視光線に変換する光源である。最も広く使われているのは、電極をガラス管内に置き(内部電極型)、低圧水銀蒸気中のアーク放電による253.7nm線を使うものである。

リノベーションポイント

蛍光灯は、普段の生活の中で、様々な場所でみかけるとても便利なものです。しかし、住まいというものに関してだけいえば、使い道としてしっかりと認識しておく必要のある注意点があります。それは、体にはあまり優しくないということです。蛍光灯がきれかかっているとき、またたくように、ついたり消えたりを繰り返しているのを見た事があるかと思います。

実は、あれは、またたきの頻度が減っているだけで、通常はもっと早く、認識できないほどの速度でまたたいています。それを普段感じることはできませんが、実は、体は無意識にその影響を受けています。なので、蛍光灯の下にいると、なんとなく緊張したり、疲れたりします。逆に言えば意識がはっきりするので、オフィスなどではむしろ好都合かもしれません。逆に、寝室などに使っている場合は、睡眠の妨げになることもあるので、白熱灯などの間接照明の使用をおすすめします。


Back To Top