skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

間接照明

間接照明は光が「何か」(壁や天井など)にあたり、その反射光を利用して周囲を照らすものと言うことになります。つまり間接照明とは反射照明なのだと言えます。反射することによって光は柔らかくなり、ムード照明など雰囲気作りに役立つ光になります。しかし直接照明よりも暗くなるので住まいの生活光としてはやや使いにくくなります。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションで、理想の住まいを手に入れるためのキーポイントの1つが、照明計画です。照明計画とは、どこに照明を取り付け、どこにその照明の入り切りのスイッチを設置するかなどの計画です。

この計画の中には、当然、間接照明をどう設置するかなども含まれます。例えば、寝室などの壁にレセップを取り付け、銀引きの上半分がアルミで覆われた白熱灯を使うと、光源が見えず、壁に白熱灯の光が反射して、ぼんやりと明るい、眠る前に適切なおだやかな空間にしてくれます。また、空間全体で使われている照明の色と、間接照明に使われいる色を統一することも、空間全体のテイストを損なわないために重要なポイントです。リノベーション後に間接照明を購入する場合は、色味に注意しましょう。


Back To Top