skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

メンテナンス

維持、管理、修理のことで、住宅の耐用年数を延ばし、快適な住み心地を維持するためには、日常の清掃や点検、外壁の塗り替え、老朽化した設備の取り替えが不可欠。

リノベーションポイント

リノベーションをし、快適に暮らしていくなかでも、経年劣化というものは、どうしても避けられません。それは、設備に関しても、床や壁に関しても、マンション自体に関してもいえることです。しかし、この経年劣化したものの一部でも、自分たちでメンテナンスができるものであれば、自分たちのペースで、気になったときに補修を行うことができて安心です。

そのメンテナンスが可能なものは、無垢フローリングや塗装カベ、漆喰壁、珪藻土壁などです。無垢フローリングに関しては、汚れてしまったところや、傷がついてしまったところなどは、一度ヤスリをかけて、当時使ったオイルと同じものを塗ればかなりの効果が期待できます。また、何年かに一度、床全体にオイルをかけることもできます。壁の場合、塗装壁ならば、同じ塗料を壁全面に塗ることで新品の壁にすることができます。ローラーなどをホームセンターで購入すれば自分たちで塗り直しをすることができます。珪藻土や漆喰にかんしても、小さな汚れであれば削ってしまうこともでき、材料をそろえれば、全面を塗り直すこともできます。メンテナンスまで考慮して、材料を選んでみてはいかがでしょうか。


Back To Top