skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

モデルルーム

マンション分譲をする際、完成予定の住戸見本として用意する部屋をいう。一般的には、マンション完成前の販売開始のタイミングで用意される。室内の完成イメージを伝えることで、マンション分譲の販売促進につなげるために、主に不動産会社などにより建築される。なお建築地はマンション予定地内や近隣が多く、 室内の設備や間取りは実際に販売する住戸タイプの仕様に沿って設計する。住戸タイプが複数ある場合は2タイプのモデルルームを用意する場合もある。マンション建築中に用意するケースが多いが、完成後に棟内モデルルームとして住戸1つを公開する例も見られる。また住戸の素材や一部を展示するサンプルルームでモデルルームを代用する場合もある。

リノベーションポイント

自分たちの理想の住まいを手に入れるには、たくさんの情報を集め、実際に見にいくことが何よりも重要です。そういった意味で、モデルルームというのは無料で見ることができ、たくさんの情報を集められる場です。基本的にモデルルームにいる営業マンは売りたいと思っているので、自分たちが不安に思っていることを聞けば答えてくれます。

そういったモデルルームに何カ所か見学に行くと、自分たちがどんな間取りを求めているのか、そもそも自分たちの住まいとして、自分たちはなにを大切だと考えているのかが少しずつ見えてきます。それは、街や、近隣環境などの条件からはじまり、専有部の広さの条件、玄関の広さ、キッチンの向き、収納の大きさなど、モデルルームに行く分だけ自分たちの理想が見えてきます。また、逆に、自分たちは絶対に嫌だと思うこともたくさん見えてきます。中には強く売ろうという勢いでくる営業マンもいますが、それを想定して見に行けば、たくさんのものを持ち帰ってくることもできます。


Back To Top