skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

無垢(むく)材

自然の木を切り出して、製材、木材加工をした、材料を無垢(むく)材という。木材を接着剤などを用いて張り合わせた集成材や、薄い板を繊維の方向を90度に交互に重ね合わせ貼り付けた合板などの素材と区別される。単一の材質でできているものを指して、”無垢(むく)””正物(しょうもの、しょうぶつ)”ともいう。

リノベーションポイント

リノベーションのメリットのひとつとして、好きに素材を自分たちで選べるというものがあります。建て売り住宅や新築マンションなどではあまり見かけられない無垢のフローリング材を使うことができるのは、リノベーションか注文住宅のいずれかの選択肢になります。

無垢フローリングは、その風合いももちろん魅力のひとつですが、肌触りが異なります。人工的なものとは違い、ほどよい堅さと暖かみをお与えてくれます。また、熱伝導率が低く、一年を通して外気からゆるやかに守ってくれます。これらの特徴のある無垢フローリングですが、最大の特徴は、経年美です。これは、わかりやすくお伝えすると、アンティーク家具のような魅力的な佇まいに近い感覚です。時間の経過によるツヤや際立つ木目は、独特の雰囲気と価値をおびます。中古マンションのリノベーションを検討中の方は、自分たちの身体に触れるものの素材の良さに予算をあててみてはいかがでしょうか。


Back To Top