skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

塗壁

塗壁とは、土壁、漆喰、モルタル、プラスターなど、左官材料を塗って仕上げた壁。ボード材を張りつけるような乾式工法に対して、塗壁は湿式工法の代表的な仕上げ方法。

リノベーションポイント

ゼロリノベのリノベーションでよく使われる仕上げ材としての塗壁は漆喰です。珪藻土と同じく、調湿効果や防火、防カビ効果を持っています。そして、珪藻土はまだ新しい素材であり、もしかしたら健康被害があるかもしれないと一部で騒がれていますが、漆喰に関してはそういった被害はありません。

また、職人により左官され、塗装壁や壁紙を張った壁とは風合いが違ってきます。壁に塗ったあとが残り、模様を描くことも可能なので、スポット照明などで照らすと、独特の味わいが楽しめます。しかし、塗ったあとに乾燥すると堅くなるため、衣服がこすれたり、強くぶつかるとケガの恐れや、表面の漆喰がはがれる恐れもあります。小さなお子様がいる場合も不安に感じる方もいます。そこで、壁に漆喰を塗るのではなく、壁は塗装壁とし、天井のみに漆喰を塗るケースが増えています。天井であれば、ぶつける心配もなく、壁よりは面積が減りますがかなりの効果が期待できるからです。北方の部屋の結露やカビなどが気になる方は、取り入れてみてはいかがでしょうか。


Back To Top