skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

長屋

集合住宅の形態の一種。1棟の建物を水平方向に区分し、それぞれ独立した住戸としたもので、それぞれの住戸に玄関が付いている。各戸の玄関が直接接道など外界に接しており、その玄関を他の住戸と共有していてはならない。2階建て以上で垂直方向にも区分したものは、アパート、マンションなどと呼ばれ区別される。

リノベーションポイント

ゼロリノベでは、中古マンションのリノベーションを行うときの間取り設計に、伝統的な長屋という考え方を取り入れています。

長屋は、通りに面したところ以外は光の入りが悪く、壁を作ってしまうと、奥の部屋は昼間でも真っ暗になってしまいます。そこで日本人は障子というゆるやかに空間を間仕切り方法を考えました。これは、光を通しながら、開け放つことで大きなひとつの空間にすることもでき、限られた空間を、用途や住む人数に合わせて間取りを変えることのできる非常に優れた方法です。

間取りは、住む人たちのライフスタイルや、家族構成によって、最適ではなくなってしまいます。そこでゼロリノベでは、必要になったときに後で壁を付け足すなどしてそのときそのときの最適を作るため、最初のリノベーションの段階ではたくさん壁をたてて間仕切りをしないようにしています。お子さんが小さい場合は中学に上がるころに改めて個室用の壁をたてたりすれば、それまでは空間を贅沢に使うことができ、部屋の大きさも実際に必要になってから細かく決めることができます。


Back To Top