skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

ラーメン構造

ラーメン構造とは、建物の荷重を柱と梁で支える工法で、柱と梁の結合部分が変形しにくい「剛接合」になっているものです。ラーメンとはドイツ語で枠のことを指します。部材と部材の結合部分が固定(剛接合)されているため、柱と梁だけで地震などの横揺れに耐えることができる構造です。筋交いや耐力壁を必要としないため、窓の大きさや位置、間取りレイアウトなどを比較的自由に設定することが可能です。鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物で多く採用されています。

リノベーションポイント

中古マンションを購入してリノベーションをしたいと思っている方にとって、知っておいてほしいことがあります。それは、マンションを支える構造には2種類があるということです。この2種類を考えずにマンションを購入してしまうと、間取りが自由にできずに、こんなはずじゃなかったとなってしまうかもしれません。しかし、見分けるのは以外にも簡単です。

マンションの間取りや詳細が載っているマイソクや、不動産仲介会社のウェブサイトに載っている簡略図を見ることで確かめることができます。

まず、ラーメン構造というものでマンションができている場合、専有部の四隅に太い柱があります。多くの場合は正方形に近い形をしています。これが四隅にあった場合は、中にある専有部の壁は全て取り壊し、自由に間取りを設計することができます。

逆に、四隅に柱がないもの、これを壁構造といいます。これは、間取りを作っている壁が全てコンクリートで作られており、この壁でマンションを支えています。そのため、手を付けることはできません。間取りの大幅な変更を期待している場合は、ラーメン構造のマンションを選びましょう。


Back To Top