skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

リフォーム

リフォームとは、補修・修繕、増築、改築など、既存建物に手を加える工事全般をいいます。リフォームには大別して、老朽化に対する修復工事とライフスタイルにあわせた改築工事があります。前者は経年変化に対応して、必要不可欠な工事といえます。後者の場合は、家族構成や暮らし方に対応した、より積極的な改修工事といえます。具体的には、外壁の塗り替え、壁紙や床の張替え、水まわり設備の交換などがあり、より積極的には間取り変更や増改築が行われます。

リノベーションポイント

リフォームとリノベーションの違いは、明確にあります。リノベーションという言葉は、「新築時の目論みとは違う次元に改修する」と国土交通省は定めています。

リフォームというのは、日本では、住まいに関する大小の工事という意味合いで広く使われています。一方リノベーションは、国土交通省が定めた通り、住む人たちのライフスタイルに合わせて、当時想定されていた住み方、暮らし方とは違うものに作り替えていくという意味で使われています。しかし、実際のところの不動産業界は、リフォームといいつつリノベーションを行っていたり、リノベーションといいつつリフォームだったりと、曖昧になっているところがあります。リフォームにしろリノベーションにしろ、もし、依頼をする場合は、その会社のホームページなどでどんなことをしてくれる会社なのか、サービス内用はどこからどこまでなのかをしっかりと調べる必要があります。


Back To Top