skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

レインズ

レインズとは、Real Estate Information Network Systemの略で、不動産物件情報交換のためのコンピュータネットワークシステムです。不動産流通機構の近代化方策として建設省(現国土交通省)が企画し、不動産情報の標準化・共有化を目的に1990年に作られました。レインズは、国土交通大臣の指定を受けた「指定流通機構」である全国4つの公益法人によって運営され、全国の不動産業者が加入しています。レインズでは標準化された不動産情報が登録され、ネットワークを通じて会員(不動産業者)に公開されます。

リノベーションポイント

物件を検索したときに出てくる大手の不動産仲介会社も街の不動産仲介会社も、同じように、レインズから物件情報を見て、仲介をすることができるようになっています。そういった意味では、ひとつの会社からしか買うことができない物件というのは存在しません。

むしろ、物件の情報はどの会社も調べることができるので、自分たちの要望をどれくらい理解して提案してくれるか、導いてくれるかの方が重要になってきます。例えば、中古マンションを購入して住む方と、中古マンションを購入してリノベーションをして住む方では、求めるものが全く異なってきます。そのまま住むことを考えている方は、現状の内装をくまなくチェックする必要があります。逆に、リノベーションをする予定の方は、リノベーションをするのに向いているマンションなのかどうかや、周辺環境が気になります。そういった、自分たちが家に求めるものをしっかりと担当者に伝えるためにも、自分たちが求めていることを明確にしてから動き出しましょう。


Back To Top