skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

スケルトン工事

住宅などの建築物の主要構造部分(基礎や柱・梁・外壁・屋根など)をそのまま残して、他の内装や設備機器等をすべて取り替える大規模な改装・改修工事のこと。一般に、傷みのひどい柱や梁などは撤去し、新しいものに交換した上で耐震・耐久性をアップさせることが多い。建て替え工事よりも工期や建築コストを抑えることができるのが大きなメリットだ。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーション時につかわれる意味としては、専有部内のすべての設備や床天井にいたるまでを取り壊し、コンクリートの箱の状態にし、ゼロから工事をしていく意味合いとして使われる言葉です。この工事のメリットは、リフォーム工事に比べ、間取りの自由度が格段に上がることに加え、古くなった水回りやダクトの管を交換できる点にあります。

購入した中古マンションが30年程度経ったもので合った場合、配管の中は赤錆などが発生し、水漏れなどのリスクがあります。また、配管の交換は、床を大きくはがす必要があり、容易な工事ではありません。それを考えると、新しく住まいを手に入れるタイミングで、配管などの普段目につかないものでも、交換しておく必要があるということが理解できると思います。リフォーム工事に比べ、リノベーションのスケルトン工事は費用がかかりますが、今後の数十年を考えた場合、リスクを減らす方を選ばれる方が多いといえます。


Back To Top