skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

三路スイッチ

2箇所のスイッチで、ひとつの同じ電気部品のオン・オフの切り替えが共有できる、2個の切り替えスイッチのことである。三路回路(さんろかいろ)や三点スイッチ、3路スイッチなどとも言う。たとえば、階段の照明のスイッチなどに使われることが多い。階段の照明スイッチに使われる場合は、階段の上り始めと、上り終わりにある照明のスイッチの仕組みが、3回路スイッチであることが多い。また、3回路スイッチの応用は、べつに階段のスイッチでなくても良いし、照明の用途でなくても良い。

リノベーションポイント

リノベーションの設計打合せを行うときは、スイッチの位置や個数、どこのスイッチをどの照明とつなげるかなど、1つ1つ決めていきます。また、そのときのおおまかな考え方として、空間の導線からスイッチの位置などを決めて行くというものがあります。例えば、食材などの買い物から帰ってきたときなどを想定して、どこをどうやって照らすか。というものです。この場合は、まず玄関の照明と入り口近くのスイッチが必要になります。

また、靴を脱いで廊下へ進むときには、玄関の照明を消したいため、三路スイッチを用いて、廊下近くにもうひとつ玄関の照明を消す用のスイッチを配置します。廊下も同じ考え方で、通り過ぎたあとの空間の照明を通り過ぎたあとに消せるように設計するというのが前提の考え方になります。また、スイッチもアンティークのものもあるので、どんなテイストがいいか、ゆっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。


Back To Top