skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

専用庭

区分所有するマンションなどの建物で、一般的に1階・居住者だけに許可される小規模の庭地のこと。1階住戸に面した位置にあり、1階に住む居住者が専用で使用する。尚、専用庭を使用する際は相応の使用料が発生し、管理組合への支払いが必要。 共用部分にあたるため全てが自由ではなく、管理規約に則って利用しなくてはならない。例)規約外の物品の設置はできないなど。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションをする場合に限らず、自分たちの住まいを「マンション」に絞った場合、多くの方は、眺望などを優先しがちです。とくに、新築マンションの中でもタワーマンションは眺望をウリとして広告を展開することも多く、眺望は、1つのステータスとして考えられることが普通となっています。

もちろん景色が良い、眺めがよいというのは、目の前が建物で覆われていることに比べればとても良いことです。しかし、専用庭のある1階も、眺めという意味では悪くありません。2階以上と比べ、まわりからの視線は木などがあるため遮られ、眺めとは別に、機能を持った庭を自分たちの好きなように使えるからです。また、小さなお子様がいる場合、1階なので気を使って生活する必要もありません。他にも、水漏れをした場合も、下階の方への保険等の手続きもないため、実用面では、眺望よりも魅力的な部分が多くあります。自分たちの価値観に照らし合わせて、どういった住まいが良さそうなのか考えてみてはいかがでしょうか。


Back To Top