skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

浄水器

浄水器は「安全でおいしい水」をつくるために、水道水に含まれる残留塩素やトリハロメタン等の物質を除去または減少させるものです。活性炭の吸着力で残留塩素、カルキ臭、有機物などを取り除き、ろ過膜や中空糸膜で一般細菌やカビ類、赤サビなどを除去します。

リノベーションポイント

子育て世代の家族にとっては、浄水器は確保したい機材のひとつではないでしょうか。中古マンションのリノベーションの設計のタイミングで、キッチン設備を決めるときに、浄水器の要望をすれば、各種メーカーのカタログから選ぶことができます。逆に、後から浄水器の設置をしようと思うと、別途工事が必要になるケースがあるので、注意しましょう。

また、浄水器とは直接関係はありませんが、水周りの注意点として覚えておく必要のある点が1つあります。中古マンションを購入して内装を変更する場合、表層リフォームだと、排水管の交換ができないという点です。配水管は床下などにあり、表層リフォームの場合は床をはがさないため、マンションを建てたときからの配水管を今後も使用することになります。これは、水漏れのリスクとしてかなり高いものとなってしまいます。中古マンションを購入する場合は、リフォームでもリノベーションでも、配管設備の交換はしっかりとやっておきましょう。


Back To Top