skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

漆喰

漆喰(しっくい)とは、瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる、水酸化カルシウム(消石灰)を主成分とした建材である。漆喰は、水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分としており、もとは「石灰」と表記されていたものであり、漆喰の字は当て字が定着したものである。日本では土の上に塗るため糊や麻すさなどと混合して作られなめらかな質感になるが、欧州では石の上に塗る石灰モルタルや生石灰クリームが主流であり下地が硬いため糊などと混合せず強度をだしざらついた質感になる。

リノベーションポイント

古くから使われてきた漆喰という素材。当然、リノベーションでも人気の壁材の1つです。漆喰は、湿気を吸い込む性質や、カビを防止する効果があります。カビは、アルカリ性の場所には発生しないからです。ただし、空気中の水分(酸性)を吸い込みすぎると、アルカリ性の漆喰が酸性に傾き、カビが発生することもあります。できるだけ、1つの空間にある空気を流すよう、換気をしましょう。

また、漆喰は固めの素材で表面はザラザラとしています。小さなお子さんがいたり、ウォークインクローゼットのカベに使うのが気になる方は、天井を漆喰にしてみましょう。天井だけでも、効果はありますし、独特の風合いも楽しめます。クロスで壁や天井を仕上げるときに比べて、多少コストがかかる漆喰ですが、もろもろの効果と、照明により職人が仕上げた模様の浮かび上がる様子を見ると、取り入れたい方が後をたたないこともうなずけます。


Back To Top