skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。

リノベーションポイント

中古マンションのリノベーションで畳が欲しいという方は一定数います。やはり、実家に畳の部屋があったり、日本人ならではの、落ち着く素材の1つだからかもしれません。しかし、単純に和室がひとつ欲しいという要望は少なく、同じ空間内で、床の素材を切り替えるというようなものが多いようです。

例えば、リビングの窓際だけ、琉球畳を6枚取り入れるなどです。これは、空間としてはリビングですが、畳の上で寝転がったり、誰かが泊まりにきたときに、寝てもらうスペースとして利用できたり、子供が遊ぶスペースだったり、気分を変えてそこにローテーブルを置いてお昼を食べるなど、様々な用途が考えられます。これを、1つの空間として壁を作ってしまうと、その部屋しか光も風も通らなくなってしまいます。また、子供が遊んでいても、キッチンやダイニングからその様子を見ることができません。そのため、ゼロリノベのリノベーションでは、なるべく壁を少なくして、家族の気配が感じられる空間作りを目指しています。


Back To Top