skip to Main Content
中古物件の購入からリノベーション設計施工まで

ユニットバス

浴室の6面を構成する、床・壁・天井の全てを一体的に成型して造った浴室。防水性の高い、樹脂素材を使って作られるのが一般的。浴槽、洗い場、シャワースペースなどが、浴室として1セットになっているタイプや、上記の浴室セットに、洗面台・トイレが加わった3点セット、いわゆるホテルタイプなど、組み合わせにバリエーションがある。

リノベーションポイント

大半の中古マンションのリノベーションにも、ユニットバスは使用されています。また、ユニットバスは4ケタの数字で表記されています。例えば1216などの数字です。これは国内の大手メーカーであればほぼすべて共通している数字で、なにを表しているかというと、浴室の縦横の寸法を表しています。

1216であれば、浴槽の縦側の壁から壁が120センチ横壁から端までが160センチという寸法になっています。これが1317、1416、1618、など、10センチ程度ずつ大きくなるにつれて、金額も高くなっていきます。その中で一番コストとパフーマンスのバランスがとれているのは1216のものです。なぜなら、1216サイズというのは賃貸マンションなどで大量に使われるため、生産数も多くなっているからです。逆に、大きすぎるユニットバスは、1216サイズのユニットバス3つ分程度の金額になることもあります。もちろん、大きくなるほど、グレードも上がり様々なオプションがつけられるようにもなります。どこまでのお風呂を望んでいるのか、ご家族で話し合ってみましょう。


Back To Top